« ボンベイ ドライジン | Main | ゴードン UKスペシャル・ドライ・ロンドン・ジン »

Humble Pie

20130807humble_pie_rockinthe_fillmo

気まぐれで Performance Rockin' the Fillmore (1971) を買った。
ピーター・フランプトンがまだ在籍時のライブパフォーマンス。
アルバムリリース時期にはピーター・フランプトンは既にグループを脱退。

このアルバムはもちろん以前から知っていたが、
Humble Pie に限らず「いつでも買えるから、後でもいいか」といい加減な理由で未購入のアルバムは山ほどある。

いざ購入して聞き直してみると、改めて出来の良さに驚いた。
どのナンバーもすごいが、 とりわけ 23分強に及ぶ "I Walk on Gilded Splinters" が秀逸。

これまで手持ちのアルバムといえば、

20130807humble_pie_in_consertp10907

In Concert (King Biscuit Flower Hour Presents: In Concert Humble Pie Live 1973 )

20130807humble_pie_street_ratsp1090

Street Rats (1975)

の 2枚だけ。

この、フィルモア・イーストでのライブ盤をきっかけに往年の名盤を買い集めてみたくなった。

20130807humble_pie_humble_piep10908

Humble Pie ( 1970 ) 邦題「大地と海の歌 」

20130807humble_pie_rock_onp1090803

Rock On ( 1971 )

20130807humble_pie_smokinp1090804

Smokin' ( 1972 )

20130807humble_pie_eat_itp1090806

Eat It ( 1973 )

20130807humble_pie_thunderboxp10908

Thunderbox ( 1974 )

20130807humble_pie_natural_born_boo

Natural Born Boogie: The BBC Sessions ( 2000 )

と、ほとんど一気買い。

BBC Sessions はちょっとがっかりものだったが、他はどのアルバムも当時のブリティッシュロックの熱さを思い出させる名演ばかりだ。

独特のイラストジャケットが印象的な Humble Pie(「「大地と海の歌 」」)。
これがデビュー盤だとずーっと思っていたのだが実際は 3枚目のアルバムだった。
でも Humble Pie を意識したのはこのアルバムからなんですよね。

アルバム単位、あるいはアーティスト単位で全アルバムをランダムに聴いてみても、スティーヴ・マリオットのソウルフルなボーカル、バンド全体の演奏は文句なし。

どうみても元々ピーター・フランプトンとは音楽的な志向が合わないだろうことは明白だと思われるのに、
何故一緒にグループを結成したのかいまでも良く分からない。

日本では、村八分、はっぴいえんどと対照的なバンドが日本語ロックに挑戦し、その他さまざまなロックバンドがシーンを盛り上げていた。

奇しくも Performance Rockin' the Fillmore と同じ年に FREE の Free Live! もリリースされた。
ロックが熱い時代だった。

|

« ボンベイ ドライジン | Main | ゴードン UKスペシャル・ドライ・ロンドン・ジン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Humble Pie:

« ボンベイ ドライジン | Main | ゴードン UKスペシャル・ドライ・ロンドン・ジン »