« July 2013 | Main | September 2013 »

August 2013 posts

味スタ便り-20130825 | vs 松本山雅FC

V20130825p1090911

J2リーグ戦第31節、松本山雅FCを迎えての緑ダービー。

雨模様の天候だったが、幸い雨に降られず、気温も少し低めでスタンドは心地よかった。
ピッチ上はどうだったのだろうか?

ゲームの方は松本山雅のサポーターさんたちには楽しいものだったろうが、
ホーム側としてはまったくつまらないものだった。

すぐにパックパスを選ぶ。
前へのアタック、仕掛けが物足りない。
相手陣内に入ればサイドへ振るばかり。
守備は不安定、攻撃は力なし。

それでも何度も決定機を作り出したのが不思議なくらい。
その決定機もことごとく外す。

松本山雅はチャンスがあれば速攻でシンプルに攻めてくる。

CKから先制され、追いつけないまま前半終了。

後半、高原の粘りで PK を得る。
普通なら高原自身が蹴るのだろうが、本人は痛んでいた。
蹴る気満々で飯尾がボールを手にする。
が、この PK を外してしまう。
ボールは枠にも飛ばなかった。

このPK失敗は痛かった。
その後崩されて失点を重ねてしまう。

小池のゴールで 1点差まで縮まるが、さらに 3失点目を献上。

後半終了 4分前まで三浦監督は動かなかった。
中島、端山を投入するも、点差を変えるには残された時間があまりにも少ない。

5分のアディショナルタイムもただただ時計の針が進むだけで、
1 - 3 で終了。

今日は飯尾の出来があまりにも悪かったかな・・・

PK をしっかり決め、ゲームを振り出しに戻していればその後の流れは変わったのではないか、
と思ったりするが、後の祭り。

2013/08/25 18:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】6,544人【天候】曇 25.6℃ 68%
【主審】長谷拓【副審】田尻智計/藤井陽一
東京ヴェルディ 1 (0) -(1) 3 松本山雅FC
16 SH 11 / 8 CK 2 / 11 FK 10
(43'犬飼智也)
(58' 船山貴之)
61' 小池純輝
(73' 岩上祐三)



V20130825p1090894

V20130825p1090898

V20130825p1090899

V20130825p1090917

V20130825p1090923

V20130825p1090924

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013調布市花火大会、を見に行かなかった夜

20130824choufu_hanabip1090878

ここのところ局地的豪雨やら雷雨やらが頻発、今日も昼間から雨模様の空だったので、開催されるのか気になっていたが、無事に実行された。

前にも書いたが、初めて調布市に引っ越してきたときは、(全くの偶然のなのだが)歩いて10分もしないところが打ち上げ場所で、河川敷まで行って見に行ったりした。

花火は楽しいが、人混みは苦手。

20130824choufu_hanabip1090886

で、国領に移ってからはもっぱらベランダからの花火観覧。

といっても、今夜はJ1の試合もあるので、花火大会は最初と終わりの方だけちょこっと観ただけ。

20130824choufu_hanabip1090889

長男だけは家から車椅子を漕いで会場まで行った。
親馬鹿みたいだが、あのアクティブさには頭が下がる。
いつも凄い人混みなので移動も大変だろう。

20130824choufu_hanabip1090891

自分は、ジンやらバーボンやら飲みながら、クーラーの効いた部屋でサッカーを観ていた。
残留争い渦中のジュビロ磐田がもうひとつの東京とスコアレスドローでゲームは終わった。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

alneo XA-V80-W 開梱

15日の夜は、「みどりの中へ」を聴きながら寝た。
経緯を知るほどに哀しすぎてたまらない。
R.I.P.


3年以上前に書いた alneo XA-V80-W の続編です。

XA-V80-B(色違いの黒)と 4GB の XA-V40-R を常用していて、
その後 iriver T9 を買ったのだが、ちょっと前に書いたように T9 がぶっ壊れて不燃ゴミと化してしまった。

ZEN X-Fi2 も現役で使っているのだが持ち運びにはちょっと手軽さがない。

山口冨士夫関連の手持ちの CD・DVD音源を全部 DAP に入れて持ち歩こうと思った。
XA-V80-B も XA-V40-R もそれほど空き容量がない。

そこで、いよいよ予備用に買っておいた XA-V80-W の出番だ。

20130816alneo_xav80wp1090856

この状態で 3年以上置いてあったもの。

20130816alneo_xav80wp1090860

本体を出してみると、

20130816alneo_xav80wp1090861

こんな感じで表と裏でカラーが違う。
XA-V80-B も XA-V40-R も両面同じカラーだったのでちょっとびっくり。
裏側がシルバーなのだ。

で、いざ触ってみるととんでもない問題が、

20130816alneo_xav80wp1090870

こんな風に上部と下部に隙間が・・・
本体全体ではなく、上下にしたときの上側がこんな風になってしまっている。

20130816alneo_xav80wp1090874

合成した画像だが、上のが本体下側、下のが本体上側。

どうしてこのようになってしまったのか分からない。
初期不良品だったのかも知れないが、保証期間はとっくの昔に終わっている。

アロンアルフアでも使って密着させてみようかなどとも思っているが、
とりあえず動作に問題はない。
そのうち、パカッと外れてしまうのだろうか?

気のせいか、何年も使い続けている XA-V80-B や XA-V40-R より音が良い :-)

とりあえず、PC に取り込んである山口冨士夫の MP3 ファイルは全部入れた。

が・・・

FUJIO CHIKO HIGE & REI と Atmosphere 1#2 が見つからない。
CD も見つからないのだ。
XA-V80-W の変形にも参ったが、これには参った。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

山口冨士夫 急逝

8月 14日の 21時 30分頃に逝去された。

ショック・・・

長い闘病生活の中で何度かライブも決行。

映像を観ていると痛々しくなるような姿で、でもロックの魂みたいなものは持ち続けステージに立っていた。

ひと月前に福生駅路上で米国人男性に暴行され、意識不明となって病院へ搬送されたとか。

いままで公表されていない音源があるなら、もっともっと冨士夫の歌やギターを聴いてみたい。

急なことで残念でたまらない。

1949.8.10 - 2013.08.14
享年 64歳

合掌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Web でお酒を買う、の経済学

下肢静脈瘤と正式に診断されてから、歩くのが何となくだるくてつらい今日この頃ですが、
酷暑とゲリラ雷雨の中、みなさん元気にやってますか?


ボンベイ ドライ ジン とゴードン ロンドン ドライ ジン UKグリーンボトルも Web で買ったのだが、
そこらで買えないお酒は Web しか購入手段がない。

ベルモットとアンゴスチュラ・ビターズが欲しくて、また Webで購入した。

ベルモットは、チンザノで良ければ駅前のスーパーに置いてあるのだが、ノイリープラットドライが欲しかった。
ビターズにいたっては地元のスーパーはもちろんパルコあたりのお酒屋さんにも置いていない。

まず、ノイリープラットドライ。
Web なら割と簡単に購入できるが送料がかかる。
それで、とりあえずすぐに要らないものまでまとめ買いしてしまう。

ノイリー プラット ドライ 18度 1000ml 1,134円
プリマス ジン 41.2度 700ml 1,260円
ボンベイ サファイア 47度 750m1,350円
(すべて税込み)
一括配送で送料 475円

送料を案分すると、

ノイリー プラット ドライ 18度 1000ml 1,278円
プリマス ジン 41.2度 700ml 1,420円
ボンベイ サファイア 47度 750m 1.521円

ポイント利用▲53円、〆て 4,166円

ボンベイ サファイアは地元のスーパーで 1,750円だったかだので送料を考えてももこちらの方がお買い得。
ノイリー プラット ドライとプリマス ジンは良く分からん。
そもそも見かけない。
とにかく送料は一律なので、たくさん買えばコストが下がる、と云う当たり前の話。

次は、アンゴスチュラ・ビターズだ。
スーパーだけでなく、あちこちの酒屋さんで探してみたが置いていない。

こちらは別の Webショップで購入。
アンゴスチュラ・ビターズ 100ml 44.7度 699円。
送料 390円はポイント利用で 0円に。
実質 699円で購入。

年齢相応のプチブルレベルな暮らしをされている方々にはたいしたことがないだろうが、
貧乏サラリーマンはそこそこシビアにやらないといけないのです :-)

ベルモットとビターズ。
とくれば、何を飲もうとしているのか分かる方には分かるでしょうね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20130811 | vs V・ファーレン長崎

V20130811p1090822
京王線運転見合わせで心配したがたくさんの長崎サポーターのみなさんが来場されていた。


J2リーグ戦第28節、高木監督のもと、ここ長い期間プレーオフ圏内を維持している V・ファーレン長崎との一戦。

前回、第19節アウェーでの対戦では 1 - 2 で負けている。

今日は、午後から激しい雷雨。
その影響で京王線が止まってしまった。
空が晴れた頃になってもまだ動かない。

何とかタクシーを捕まえてスタジアムへ。
まもなくキックオフ、と云う時間にどうにか到着。

試合が終わる頃には電車も運転再開しているだろう、と軽く見ていたが、現実はそんなに甘くない。
試合が終わっても京王線はまだ動いていなかった。
仕方なく徒歩で帰宅。
飛田給から駅 4つだ。甲州街道をとぼとぼと歩いた。

まあ、そんなこんなで大変だったが、終わってみれば、「来て良かった」、とうれしい結果をスタジアムで直に見ることが出来た。

試合開始からヴェルディペースでゲームは流れていた。
ように見えた。

が、左サイドから個人技であっさり先制されてしまう。

失点後もヴェルディペースのように見えた。

長崎は攻守ともに何かつかみ所がない。
ヴェルディには好きなようにボール持たせておけ、とかの高木監督作戦か。

前半のうちに追いつくことのできないままハーフタイム入り。

後半、このゲームで通算 100試合出場の常磐がメモリアルゴールを決め同点に追いつく。

その後西に替え安田投入。

それから間もない時間帯に高原が逆転弾を決める。
ロスタイムの時間稼ぎ交代か、常磐→謎の新人三渡洲舞人。
すでにヘロヘロになっていた高原は「俺じゃないの?」とたぶん心の中で思っていただろう、
と勝手に想像。
高原の逆転弾が決勝点となり試合終了。

ヴェルディのツートップがそれぞれ結果を出した :-)

前節アウェー福岡戦のようなロスタイムで 2ゴール決めて逆転勝利、
と云うのはそうそうあることではないだろうが、
先制されても諦めない粘り強さがなければそういう逆転劇も起きないわけで。

意図の見えないな最終ラインでのボール回しとか、
安易なGKへのバックパスとか、
PA 前で仕掛けることもせずにサイドへ振るとか、
なんだかなあ、という場面もないことはないが、
今日の試合を見ていて諦めない粘り強さが感じられるチームになったなあ、と思う。

V20130811p1090839

2013/08/11 18:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】3,537人【天候】曇 30.1℃ 70%
【主審】塚田健太【副審】伊東知哉/大友一平
東京ヴェルディ 2 (0) - (1) 1 V・ファーレン長崎
11 SH 11 / 9 CK 4 / 20 FK 8
(13' 金久保 彩)
55' 常盤 聡
76' 高原直泰


V20130811p1090823

V20130811p1090827
何故かホーム側のオーロラビジョンは消えたままだった。

V20130811p1090828

V20130811p1090832

V20130811p1090840

V20130811p1090841
また、この季節が・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ステア」の恥ずかしい勘違い

ギムレットを作ってみたときに、飲んでみてあまり冷たくないのでどうもおかしいな、
と思い(今更ながら)ちょっと調べてみたら、

シェーカーのボディに氷を入れてシェイクするのだ、
と云うことを知った。

ストレーナーが何故ついているのかも分からなかったが、
氷と材料を入れてシェイクした後、(氷を除いて)カクテルだけをグラスに注ぐためのものだと云うことも知った。

不勉強で恥ずかしい限りだ。

で、ステア。

いつもドライ・ジンなどのスピリッツを割り材で飲むときは、

グラスに氷とお酒、割り材(主に炭酸ソーダ、たまにジンジャーエールとか)をぶち込み、マドラーでかき混ぜる。
これが(シェイク、ステアの)ステア、だと思っていた。

カクテルの作り方には以下のように大きくは 3つあり、

シェイク
ステア
ビルド

ミキシンググラスと云う物を使い、そこへ氷と材料を入れバースプーンでかき混ぜる。
混ぜ終わったらストレーナーを付けてグラスに注ぐ。
これがステアだそうだ。

氷と材料を直接グラスにいれてかき混ぜるのはビルドと呼ぶらしい。

自分がいつもドライ・ジンなどを割って飲むときのやり方はカクテルを作る手法的にはこのビルドにあたるようだ。

という恥ずかしい勘違いを学習した :-)

まあ、stir と云う単語自体、本来の意味がかき回すとかかき混ぜる、なのであながち待ちではない、とかなんとか。

これからステアタイプのカクテルを作るには、ミキシンググラスとストレーナーが要るわけだが、
あら、シェーカーのボディとストレーナー部分で代用出来るんじゃないか?
まあ、グラスが増えても置き場所に困るので、正統ではなだろうけど、シェーカーで代用しそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハウス スープカリーの匠

昨日は自分が夕飯当番。
馬鹿みたいに暑いので、久しぶりにスープカレーを作った。

まあ、市販のスープの素を買ってきて材料入れるだけなんですけね。

これです。

20130810soup_curryp1090819
スープカリーの匠 ペーストタイプ 濃厚辛口、がフルネーム?
これは絶品。

1箱で 1人前× 2セット入り。
子供たちが遊びに出かけていて妻とふたりだったのでちょうど良い。

カレーと云うのは元々材料はお好みでいけるののだが、これも同じ。

鶏もも肉 400g
にんじん 1本
じゃがいも 1個
ピーマン 1個
なす 1個
卵 2個
お水 700cc

鶏もも肉はほぼ 6等分に切っておく(6つ切りのパックを買ってきただけです)。

にんじん、じゃがいも、ピーマン、なすは それぞれ 4つに切る。
野菜は少し大きめに切るのが良いようだ。

なべに水を入れ沸騰するまでの間に、鶏もも肉をフライパンで焼き目がつくくらいに炒めておく。

沸騰したら、鶏もも肉、にんじん、じゃがいもを投入。
弱火~中火で約 20分煮込む。

その間に、ピーマン、なすを炒めておく。

いったん火を止め「特性濃縮スープ」を加えて溶かし再度点火。
炒めておいた材料は盛りつけの時に加える、とパッケージにあったが、この段階で投入。
ひと煮立ちさせた後、ピーマン、なすが柔らかくなるくらいに弱火でちょっと煮込む。

卵はゆでて半分に縦切りにしておく。

あらかじめ、器に「香りスパイスオイル」を入れておいてからスープカレーを注ぎ、ゆで卵を乗せる。

食べる前に「辛味調整スパイス」なるものをふりかける。
自分は全部ぶちかけた。

パッケージに辛味順位表が書かれていて、基本は 3だが、「辛味調整スパイス」を全部入れると 8になるとか。

スープ用の食器がどこにあるのか分からないので、ライスカレーなどで使う万能皿に盛りつけの図。

20130810soup_curryp1090818

皿の回りが何か汚れているように見えるが気のせいです :-)

ジン・リッキーを片手に実食。
辛味で時々むせるが、美味い美味い。
妻にも好評だった。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

なんちゃってギムレット

スピリッツを炭酸などで割って飲むだけのも良いが、なんとなくカクテルを作ってみたくなった。

シェーカーは前に買っておいた。

今日は会社帰りにカクテル用メジャーカップを買ってきた。
一番小さなサイズのもので 30ml 、15ml のものだ。

常時宅内在庫のある素材で出来るもの、というとまずはギムレットだ。

同じ材料でそのまま混ぜればジンライム、シェイクすればギムレット、と云うやつ。

なんちゃってレシピ

ゴードン UKスペシャル・ドライ・ロンドン 45ml
エトナシシリーライムジュース 15ml

量はメジャーカップで正確に計った。
ジンはいつも冷凍庫でギンギンに冷やしてある。
ライムジュースもグラスも冷蔵庫で冷やしておいた。
準備万端。

これをシェーカーに入れシェイク。

が、バーとか足を踏み入れたこともなく、シェーカーを見るのはTVドラマの中だけ。
シェイクの仕方も分からない。
とにかく振ってみる。

で、昨日買ったばかりのカクテル・グラスに注ぐ。
脚付きでないが一応カクテル・グラスらしい。
グラスの底のグリーンな色が気に入ったのだが、ブルーに見えますね :-)

20130809gimletp1090812

いざ実飲。

エトナシシリーライムジュースは果汁 100%で他に甘み成分など添加物はまったく入っていない。
出来上がったギムレットは、砂糖もシロップも入れてないので、思った通り、氷を入れないジンライムと変わらぬ味。

なんだかなぁ、と云う感じ。

ジンを替えてみたり、コーディアルライムを使ってみたりすれば味も変わるだろう。
それと、シェイクの仕方もちゃんと勉強したりしないといけないようで。

ギムレットには早すぎたようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴードン UKスペシャル・ドライ・ロンドン・ジン


20130727gordon_ukp1090738

ボトルデザインが何ともいえない。

透明感のあるグリーンのボトルに白のラベル。

やっぱり緑は良い。

ボトルの形状は、黄色いラベルのゴードンと同じで、前面は平らだが、後ろ側は円形になっている。

いままで見かけたことがなかったが、名称の通り UKバージョンだとか。

度数がちょっと低めと云うことと香味もほどほどでライトな感じ。

それでも、ストレートではロックでもちょっときついので、 1 : 1 で炭酸で割ったりしている。
軽いのでついつい何杯も飲んでしまい、結局普通のゴードンと同じ程度の酔い具合になってしまう :-)

ボンベイ ドライジンと一緒にネットで購入してあったものだが、
値段はそれほど変わらないので、次にどちらを買うとすれば、
ボンベイ ドライジンかな・・・

37.5度 700ml
1,250円(税込、送料別)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Humble Pie

20130807humble_pie_rockinthe_fillmo

気まぐれで Performance Rockin' the Fillmore (1971) を買った。
ピーター・フランプトンがまだ在籍時のライブパフォーマンス。
アルバムリリース時期にはピーター・フランプトンは既にグループを脱退。

このアルバムはもちろん以前から知っていたが、
Humble Pie に限らず「いつでも買えるから、後でもいいか」といい加減な理由で未購入のアルバムは山ほどある。

いざ購入して聞き直してみると、改めて出来の良さに驚いた。
どのナンバーもすごいが、 とりわけ 23分強に及ぶ "I Walk on Gilded Splinters" が秀逸。

これまで手持ちのアルバムといえば、

20130807humble_pie_in_consertp10907

In Concert (King Biscuit Flower Hour Presents: In Concert Humble Pie Live 1973 )

20130807humble_pie_street_ratsp1090

Street Rats (1975)

の 2枚だけ。

この、フィルモア・イーストでのライブ盤をきっかけに往年の名盤を買い集めてみたくなった。

20130807humble_pie_humble_piep10908

Humble Pie ( 1970 ) 邦題「大地と海の歌 」

20130807humble_pie_rock_onp1090803

Rock On ( 1971 )

20130807humble_pie_smokinp1090804

Smokin' ( 1972 )

20130807humble_pie_eat_itp1090806

Eat It ( 1973 )

20130807humble_pie_thunderboxp10908

Thunderbox ( 1974 )

20130807humble_pie_natural_born_boo

Natural Born Boogie: The BBC Sessions ( 2000 )

と、ほとんど一気買い。

BBC Sessions はちょっとがっかりものだったが、他はどのアルバムも当時のブリティッシュロックの熱さを思い出させる名演ばかりだ。

独特のイラストジャケットが印象的な Humble Pie(「「大地と海の歌 」」)。
これがデビュー盤だとずーっと思っていたのだが実際は 3枚目のアルバムだった。
でも Humble Pie を意識したのはこのアルバムからなんですよね。

アルバム単位、あるいはアーティスト単位で全アルバムをランダムに聴いてみても、スティーヴ・マリオットのソウルフルなボーカル、バンド全体の演奏は文句なし。

どうみても元々ピーター・フランプトンとは音楽的な志向が合わないだろうことは明白だと思われるのに、
何故一緒にグループを結成したのかいまでも良く分からない。

日本では、村八分、はっぴいえんどと対照的なバンドが日本語ロックに挑戦し、その他さまざまなロックバンドがシーンを盛り上げていた。

奇しくも Performance Rockin' the Fillmore と同じ年に FREE の Free Live! もリリースされた。
ロックが熱い時代だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボンベイ ドライジン

20130728bombay_dry_ginp1090735

ボンベイ、 と云ってもご覧のようにサファイアでお馴染みの水色のボトルではなく透明のボトル。
何となく新鮮なイメージ。

約 15年ぶりで日本で流通するようななったようで、1761年のレシピをもとに作られ、通称ボンベイ・ルビーと呼ばれるとか何とか。

ボンベイ・サファイアのような癖もなくライトな感じで、なかなか飲みやすい。

初めてのネット購入で 1100円(税別、送料別)したのだが、メジャーなオンラインショップではだいたい 1000円以下で売られているようだ。

今日は、アウェーでヴァルディが逆転勝利したので、タンカレーNo.10 を飲むところだが、No.10 はとっくとのとうに空けてしまった :-)

スーパーなどでも 1000円前後で買えるようになれば、定番ドライ・ジンがゴードンからこちらに変わりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »