« 下肢静脈瘤 手術後2週間過ぎて | Main | VAIO F (VPCF24AJA) 修理 »

マイPC ツートップ、こけるの巻

愛用のツートップマシン、HP dv4a と SONY の VAIO F (VPCF24AJA) が相次いで不調に。



dv4a:

ブルースクリーン(Blue Screen of Death, BSoD)が多発するようになり、
何度もクリーンインストールを試したが結局改善せず。

タイミング的には RadarSync PC Updater を利用してから以降にこうなってしまった。
が、悪いのは PC Updater ではなく(このソフトが原因という確証もない・・・)、
リスクを承知でなんでもかんでも更新を適用してしまった自分にある。
だから、PC Updater についてどうこう文句を言うつもりはないが、
この手の自動でドライバ類を最新状態にします、という類いのソフトは
二度と使わない。

Web の映像コンテンツなどを視聴した後に良く発生するのだが、
ブルースクリーンが出ない場合でも、Windows が固まって操作不能に陥ったりする。

電源オン、Windows起動、そのまま放置、でもWindows が固まっていたりする。

いまは、寝た子が起きないように使っている。



VAIO F (VPCF24AJA) :

こちらも、PC Updater を利用してからやはり調子が悪くなったが、
クリーンインストールやら手動でのドライバ更新などで何とか回復。
メインマシンとしてその後も使い続けていたのだが、
先月の中頃からかおかしな症状が出るようになった。

ひとつは、内蔵タイマー。
スリープから復帰するととんでもない年月日・時刻になっている。
インターネット時刻の調整の設定も見直したが改善せず。

INSPIRON6000 の WIndowsXP時代に愛用していた AdjustClock で補正してもいつの間にかまた狂ってしまう。

次は、スリープ状態から勝手に起動してしまう、というコワイ症状。
普段、使わないときは電源ボタンを押してスリープ状態にしておく。
ある晩、いつものようにディスプレイも切れたのを確認して就寝。
家族がみんな寝静まった夜中、ふと目覚めると VAIO F の置いてある部屋が何となく明るい。
部屋に行ってみると何と Windows が起動していてデスクトップが煌々と表示されている。
こんなことが何度かあり、未使用時はシャットダウンさせるようにした。

そして、次に訪れた症状は・・・
電源オンでマシンを起動させると、いきなりセーフモードか通常起動かを選ぶ画面が出た。
何か問題があったのだろうと、セーフモードでの起動を選ぼうとしたが、カーソルキーが効かない。
放置するしかない。
カウントダウンが終わり通常起動となる。
が、起動途中で電源が落ちてしまう。
デスクトップ表示まで進むこともあったが、表示し終わる前にやはり電源が落ちる。

リカバリーディスクを入れてみた。
ディスクを読み始める動作はするが、読み込みが終わる前にやっぱり電源が落ちてしまう。

電源の供給に問題がありそうなので ACアダプターを新しく買って試してみた。
が、やはり症状は変わらず。

お手上げ状態。
これは修理に出すしかない・・・

|

« 下肢静脈瘤 手術後2週間過ぎて | Main | VAIO F (VPCF24AJA) 修理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25660/58221818

Listed below are links to weblogs that reference マイPC ツートップ、こけるの巻:

« 下肢静脈瘤 手術後2週間過ぎて | Main | VAIO F (VPCF24AJA) 修理 »