« 味スタ便り-20130825 | vs 松本山雅FC | Main | 下肢静脈瘤 手術翌日 »

下肢静脈瘤 手術終了

下肢静脈瘤の治療を行ってきた。

レーザー治療(下肢静脈瘤血管内焼灼術)というものらしい。

手術開始は 13時、15分ほど前に来院の予定になっていた。

ちょっと早めに病院へ到着。
体調チェックのために体温計で体温を測る。

13時前後に診察室へ。

上は普通にシャツを着たままだが、下半身はパンツ1枚になる。
超音波検査で手術部位の確認。
左足のあちこちに赤いマジックペンでマークを付けられた。

それから大きなタオルで下半身を覆い、処置室へ。
お湯の入ったバケツみたいな容器に左足を入れる。
ここで最初の消毒を行う。
足湯みたいで気持ちよい。

手術室へ移動。

ベットに仰向けになる。

点滴やら血圧なモニターなどを装着。

そして、鎮静剤を注射され、局所麻酔を行い手術開始となる。

鎮静剤が効いて感覚はぼーっとした感じ。

サングラスみたいのをかけられる。
医師と看護師さんたちがいろいろやっているのは分かるのだが、どの部位でどんなことをやっているのか分からない。

しばらく時間が経ち、手術の終わる頃に突然意識が覚醒。
不思議な感じでびっくりした。

あとで訊いたら、目の覚める注射をされたとのこと。

そして、術後の左足が包帯でぐるぐる巻きにされる。
足が曲がらず自分でズボンをはけない状態。
看護師さんにはかせてもらう。

あたまがふらふらして正常に歩行できない。

処置室のベットでしばし横になる。

最後に、もう一度診察室へ呼ばれ、無事に手術が終わったことを告げられる。

通常 40分ほどで終わるそうだが、トータルで1時間半以上かかった。

レーザーファイバーを挿入するために切開したところは 8カ所。

内服用の抗生物質と鎮痛剤をもらって病院を出た。

費用は、
手術、投薬などを含め 3割負担で 44,870円。
包帯を取った後に使うストッキング代、3,360円。

|

« 味スタ便り-20130825 | vs 松本山雅FC | Main | 下肢静脈瘤 手術翌日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25660/58117261

Listed below are links to weblogs that reference 下肢静脈瘤 手術終了:

« 味スタ便り-20130825 | vs 松本山雅FC | Main | 下肢静脈瘤 手術翌日 »