« ひとりぼっちの夜 | Main | 下肢静脈瘤 硬化療法 »

AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #3

USIMカードの無かった日々・・・

出先で、何気に 3Gの電話番号を確認しようとプロフィールを見てみたら、電話番号が「未登録」となっていた。

あら?

という感じ。

そういえばこのところ何かおかしかった。

microSDカードを 16GBから 32GBに差し替えたはずなのにストレージの容量を見ると 16GBのまま。
3Gのアンテナピクトもいつの間にかグレーになっていたり、
SoftBank Wi-Fiスポットのある場所でも Wi-Fiが使えなかったり。

端末の故障か、USIMカードが壊れたのか、
帰宅してからカードスロットを確認してみた。

原因はすぐに判明。

USIMカードスロットに 32GBの microSDカードを突っ込んでいたのだ。

なんという間抜けな話。

カードスロットは上下に 2つ並んでいて、
上が microSDカード、
下が USIMカードを差し込むようになっているのだが、
microSDカードスロットには 16GBのものがそのまま、そして下段のスロットには 32GBの microSDカードが刺さっていた(実際は、入りきらず飛び出ていた)。

まあ、何もかも自分でやったわけですが :-)

USIMカードをやっとこさ探し出し、本来のスロットへ挿入。
microSDカードは 16GBのものを外し 32GBのものへきちんと交換。

これで無事に解決したわけだが、USIMカードなしでも PHSでデータ通信が出来るし、自宅の Wi-Fiは使えるので実際にカードスロットカバーを開けてみるまで気がつかなかった。

トリプルモード恐るべし :-)

SDカードや USIMカードの抜挿には購入時付属品の専用ツールを使う。
オプション品としての販売はされているのだろうか?
自分が調べた限りでは情報は見つからなかった。

SDカード・USIMカード抜挿ツールは決してなくしてはならない、
と肝に銘じた。

|

« ひとりぼっちの夜 | Main | 下肢静脈瘤 硬化療法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #3:

« ひとりぼっちの夜 | Main | 下肢静脈瘤 硬化療法 »