« March 2015 | Main | May 2015 »

April 2015 posts

味スタ便り-20150429 | vs 横浜FC

V20150429p4290040

J2リーグ戦第10節、ゴールデンウイークの連戦 2戦目、「首都圏バトル4~じゃない4の逆襲~」としては 企画 2戦目となる、横浜FCとの一戦。

ファインセーブの目立つ佐藤優也と手持ち無沙汰そうな南 雄太。

こんな GK二人の対照的なイメージが印象的な試合だった。

前節のホーム群馬戦では 12本放ったシュートが今節はたった 4本(前半 3本、後半 1本?)。
枠内シュートはあっただろうか?良く覚えていない。

序盤から押し込まれ気味ながらも 0 - 0 でなんとか前半を折り返す。
後半、膠着状態が続く中、 FK1発に沈む。

前節までの試合データを見返しても、横浜FCはそんなに得点力のあるチームではないと思う。
守りの堅さは感じられたが、ここで勝ち点を拾えないようではこれから続く連戦に不安を感じざるを得ない。

毎回ロスタイムでの劇的ドラマが起きるわけもなく、ホーム連勝は 4連勝でストップ。

2015年4月29日(水)13:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】5,629人【天候】曇のち晴 23.8℃ 32%
【主審】上田益也【副審】佐藤貴之/西村幹也
東京ヴェルディ 0 (0) - (0) 1 横浜FC
4 SH 6 / 16 FK 17 / 22 CK 7 / 3 PK 0 / 0

(84' 中里崇宏)

V20150429p4290028

V20150429p4290032

V20150429p4290046

V20150429p4290050

| | TrackBack (0)

味スタ便り-20150426 | vs ザスパクサツ群馬

V20150426p1010713

J2リーグ戦第9節、ザスパクサツ群馬戦。

これからの連戦を控えてだろうと思うが、ヴェルディはスタメンをだいぶいじってきた。
まあ、これはこれで新鮮なのだが・・・

前半、後半通してスコアが動かない。

ドキドキ、ワクワクの 90分ではなく、
どちらかと言えば時にはイライラし、時には眠くなるような、そんな 90分。

迎えたロスタイム。

このまま終われば勝ち点 1。
最後で気を緩めれば 勝ち点 0、で終わる。

ここでまたとんでもないうれしい展開が。

永井が右サイドへ出した絶妙なパスを受けた安西から中央へ放たれたクロスに南が合わせて先制点。

渇望していたゴールが生まれ、スタンドの興奮が冷め止まぬうちに、この 2分後、
今度はブルーノ コウチーニョが左のスペースへ出したボールを、南がゴール右上にループ気味のシュートで見事に決め追加点。

ベンチスタートとなった南のロスタイム 2得点でホーム 4連勝。

昨年は 1勝しかしていなかったここ味スタで、すでに 3連勝。

ブルーノ コウチーニョが前後半通して覇気がないようだった、とか
杉本はスタメンよりは後半途中からの方が活きるのでは、とか
全体的にシュートが下手だ :-) とか
いろいろ感じたところもあるが、
まあ、結果オーライ、というこことで。

2015/4/26(日) 13:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】3,056人【天候】晴 23.1℃ 29%
【主審】荒木友輔【副審】村田裕介/津野洋平
東京ヴェルディ 2 (0) - (0) 0 ザスパクサツ群馬
12 SH 11 / 16 FK 10 / 5 CK 2/ 0 PK 0

90+1'南 秀仁
90+3'南 秀仁

V20150426p1010746



V20150426p1010709

V20150426p1010727

V20150426p1010737

V20150426p1010740

V20150426p1010750


| | Comments (0) | TrackBack (0)

お客様は、2013/2/21にこの商品を注文しました。

しばらく前からちょっと聴きたい CDがあるのだが、見つからない。
買った記憶はあるのだが、なにせ現物がみつからない。

レコードは、ジャンル別にくくり(大きくは JAZZ、ROCK、日本のアーティスト)、更にアーティス名、アルバム名のアルファベット順に整理してきたのだが、
アナログ盤だけの時代から CDメインになり、何度かの引っ越しを経て、その整理もグチャグチャになってしまった。

最後の引っ越しの時に、妻が 600枚くらい収納できる CDラックを買ってくれたのだが、
段ボールから出して並べてみたら、すでに満杯状態。

その後もコンスタントに買いあさっているので CDラックに収めきれない CDが家のあちらこちらに散在して、
自分でも把握仕切れない状態に。

で、聴きたい CDというのは、Jeff Beck の Truth だ。

新しい CDが届くと、だいたい PCに取り込むのだが、それもない。
さんざん探しても見つからないってことは、記憶違いで、実は買ってないのかもしれない。

何度か重複買いをしては妻の呆れ顔を見てきたので
念のためアマゾンのアカウントサービスの注文履歴をチェックしてみた。

アマゾンの注文履歴というのは、しょっちゅうおかしな結果が出てくるので、あてにならないなぁ、と思ってきたのだが、
いつの間にか、改善されたのだろうか、2年ほど前に購入している、との事実が判明。

今度は念入りに家中を探してみた。

なぁんと Truth が見つかったでござる。

重複買いをしないですんだ、
というお話でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20150411 | vs FC岐阜

V20150411p1010669

J2リーグ戦、第7節、FC岐阜戦、昨年の国立での屈辱を晴らしたい1戦。

が、開始間もない時間帯、PKで先制される。

今節の「マッチデープログラム(表紙写真は安西幸輝)の「先制点が勝利のカギ!」、その先制点が皮肉にもFC岐阜側に。
その後更の立て続けの失点で、前半 30分を過迎えるまでに、難波選手に(PKを含み)ハットトリックを決められ 0 - 3 のビハインド。

ヴェルディ側は試合の始まりから何かフワッとした感じで嫌な予感がしたのだが、3失点目で、もうこれは駄目かも知れない、と心が折れかけた。

これまでの試合結果をみても、3点のビハインドをひっくり返す力はヴェルディにはない、と思った。

前半の内に三竿を下げ アランピニェイロを投入するが、0 - 3 のスコアは変わらず、後半に入ってもなかなか好転しない。

ハーフタイム、あるいは後半途中でスタジアムを去った方もたくさんいいるんではないだろうか。

なんとか一矢を報いて欲しい、と、スタジアムに残った誰もが思っただろう。

後半、南を下げ杉本投入。
それでもなかなかなスコアは動かない。
更に 3枚目のカードを切り、澤井に替え永井投入l。

すると、なんと言うことだろう、後半終了間際に平本がゴールを決め、更に中後が 直接FKを決め、2点差に。

更にロスタイム、杉本が同点弾を決め、平本が勝ち越し弾を決め、何と 0 - 3 の試合をひっくり返し、まさかの逆転勝利。。

3失点は流石に反省の余地大だが、こういう逆劇という展開はあまり記憶にない。

最後まで観ていて本当に良かった。

2015/4/11(土) 16:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】3,178人【天候】曇 16.8℃ 52%
【主審】西村雄一【副審】中野 卓/山際将史
東京ヴェルディ 4 (0) - (3) 0 FC岐阜
11 SH 9 / 25 FK 16 / 11 CK 3/ 0 PK 1

(14'難波宏明)
(19'難波宏明)
(27'難波宏明)
84'平本一樹
88'中後雅喜
90+3'杉本竜士
90+6'平本一樹

V20150411p1010661
試合前はこんな天候だったが、
V20150411p1010664
キックオフ前には晴れ間が

V20150411p1010675
V20150411p1010674
緑対戦

V20150411p1010681

| | TrackBack (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »