« October 2015 | Main | December 2015 »

November 2015 posts

味スタ便り-20151114 | vs ツエーゲン金沢

V20151114p1020316

J2リーグ戦第41節、ツエーゲン金沢を迎えてのホーム最終戦。

ヴェルディは最前線に高さのある平本、アラン ピニェイロの二人を置いた布陣で臨む。

膠着した状態でまもなく前半も終わるかという時間帯に、
ゴール前での混戦から失点。

金沢の選手のゴールと表示されたが、後でオウンゴールに訂正された。
あまりにもゴチャゴチャしていたので何がどうなって失点したのか良く分からなかった。

ここまで得点力の無さに泣いてきたので、先制されると非常に痛い。

後半、追加点を許さないまでもスコアは動かず時間だけが進んでいく。

と、残り時間10分を切ったところで、MFを下げてウェズレイ投入。
負け越しているのに CBを入れるのか?
と思ったが、
ウェズレイFW起用でのでパワープレーという意表をつく采配。

これが当たり、ウェズレイのヘディングからの流れでアラン ピニェイロが同点弾を決め、
ゲームを振り出しに戻す。

いつか見た逆転劇を期待して盛り上がる観客席。

が、結局このままゲーム終了。

主審の判定基準に戸惑い、
ブルーノコウチーニョの外しっぷりに嘆いたりしたが、
ウェズレイ大作戦を見れたので、まあ良いか :-)

何とかホーム最終戦を負け試合で終わらせずに済んだ。

最終戦セレモニーも淡々と進み、
最後は選手、監督がスタンド内に上がってゴール裏からメインスタンドの方へ歩く。
観客動員の芳しくないヴェルディならではのイベントで、2015年シーズン最後のホームゲームは幕を閉じた。

それにしても、ホーム最終戦にも関わらず、この閑散としたスタンドはどうしたものか、
と思ったが、
昨年、一昨年共に 4千人割れだった・・・

かろうじて最終節までプレーオフ進出の可能性は残っている。

2015年11月14日(土)13:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】4,298人【天候】雨 15.3℃ 68%
【主審】井上知大【副審】藤井 陽一/佐藤裕一
東京ヴェルディ 1 (0) - (1) 1 ツエーゲン金沢
9 SH 6 / 11 FK 27 / 7 CK 2 / 0 PK 0

(44' オウンゴール)
86' アラン ピニェイロ



V20151114p1020307

V20151114p1020322

V20151114p1020323

V20151114p1020332

V20151114p1020343

V20151114p1020344

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ便り-20151101 | vs ジュビロ磐田

V20151101p1020287

J2リーグ戦第39節、ジュビロ磐田戦。

なんとも情けない結果だった。

ヴェルディは試合開始から優勢に攻め込むも、ゴールが決まらない、
といういつもの光景。

それでも、ジェイを含めて磐田の好きなようにはさせず、
自動昇格を狙う相手に、好勝負を展開していた
はずだった・・・

前半の半ば過ぎに相手DFが PA内ハンドで一発レッドをもらい退場。
PKをゲットするが、これを南が失敗し貴重な得点チャンスを逃す。

磐田は、前半が終わる前に得点ランキング1位の FWジェイを下げ、森島投入。

前半はスコアが動かずハーフタイムを迎える。

後半早々に先制され、その後アダイウトンに追加点、さらに駄目押しの3点目を決められ、
一人少なくなった磐田相手に 0 - 3 の完敗。

ジェイには決定的な仕事をさせずに押さえることが出来たように思うが、
アダイウトンまでケア仕切れなかったという感じだろうか。
異次元の個人技を見せられた。

後半途中でスタンドを去って行く観客が目に付いたが、
流石に寒さのせいだけではないだろう。

2015年11月1日(日)16:03キックオフ 味の素スタジアム
【入場者数】16,629人【天候】晴のち曇 16.2℃ 27%
【主審】山本 雄大【副審】馬場 規/植田 文平
東京ヴェルディ 0 (0) - (0) 3 ジュビロ磐田
16 SH 9 / 13 FK 26 / 6 CK 0 / 1 PK 0

(49' 川辺 駿)
(61' アダイウトン)
(69' アダイウトン)




V20151101p1020254
エキシビションマッチ観戦だけで帰っていれば幸せだったかも

V20151101p1020263
エアギターを披露するヴェルディ君

V20151101p1020243
このフラッグの並びを次に見られるのはいつになるのだろう?

| | TrackBack (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »