« June 2016 | Main | March 2017 »

September 2016 posts

AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #8 修理

液晶画面がおかしくなったので、修理に出した。

電源スイッチをオンにしても画面が黒いまま。
ときたまフワーっという感じでうっすら明るくなる動作をするが、また黒い画面に戻ってしまう。
もちろん、何も操作出来ない。

不定期でホーム画面が表示されることもある。
が、左側に上下に数本縦縞が入る、また画面全体に絵の具をぶちまけたような青っぽい色むらが出る。
これでは使い物にならない。

何店かワイモバイルショップに電話をかけてみたら、3店目で同じ WX04SH の貸出機が1台だけあるとのこと。
前回修理の時は貸出機がなく不便な思いをしたので、早速仕事帰りに持ち込んだ。
8月31日のこと。
端末は初期化されてしまうのでバックアップをとっておくように言われていたので、事前に本体機能の microSDバックアップを実行済み。
アプリの方は「アプリはバックアップ 復元 転送」というアプリをつかってこれまた microSDカードへバックアップしておいた。

2013年に購入。4年目に入る。だいぶ電池持ちが悪くなっていたので、
ついでにバッテリー交換も依頼した。

3週間ほど見てくれ、と言われたが、6日に見積もりの連絡があり、昨日修理から戻ってきたので引き取ってきた。
ちょうど10日、と割と短い期間で手元に戻ってきた。

基板も交換されていた。
修理代金は、29,592円だが保証サポートに入っていたので、負担金額は、2,700円。
思ったよりは費用がかからなくて助かった。

microSDバックアップからリストアして、連絡先やメールデータなどは元に戻った。
アプリは、あまり使わないものもインストールしていたので、「アプリはバックアップ 復元 転送」は利用せずに、Google Play ストアからとりあえず必要なものをひとつずつ入れ直した。

まあまあ、環境を復活させつつあるのだが、ひとつ困ったことが。
おサイフケータイで Edy を利用している。
貸出機で経験済みなので、予想はしていたが、修理から戻ってきた端末では使えない。
正確には、使えないわけではなく、修理前の端末でのリンク情報が完全にクリアされていまい、新規に登録、修理前のチャージ残高は引き継がれない、というもの。

これはうっかりしていた。
修理に出す前に所定の手続きを行っていれば残高移行はたぶんそれほど手間をかけずに出来たのだろうが、
頭になかった。

現在、Edyレスキューサービスから申請中。

| | TrackBack (0)

« June 2016 | Main | March 2017 »