Posts categorized "携帯・デジカメ"

AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #9 修理

昨年 9月に修理に出したが、ほぼ 1年で同じような不具合が出てきてまたまた修理に出した。

修理持ち込みが、8月17日、修理中の代替機は同じ WX04SH、たぶん前回と同じ端末だろう。
楽天EDYは前回の教訓を忘れずに、事前にアプリの機種変更メニューから残高を預ける、にしておいた。

で、昨日修理から戻ってきたとショップから連絡があり受け取りに行ってきた。
症状は再現せず、だがメイン基板一式交換とのこと。

修理費用は、19,548円、「あんしん保証サービス」加入につき自費負担は 0円。

また同じ症状が出るようなら基板以外(アプリなど)の要因ではないかと言われた。
さすがに機種変更となるだろうな・・・

PHS/3Gデュアルモード対応端末が特徴だった WX04SH だが、
いまは音声通話もメール(SMS含む)もデータ通信も 3Gの方だけで利用している。

ちなみに、いまだと PHS からの機種変更は契約変更となりいろいろなキャンペーンが適用となるが、
3G からだと普通の機種変更扱いになりキャンペーンが適用外らしい。
(9月1日から「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」だけは、機種変更も対象になる)


| | TrackBack (0)

AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #6

すでに試された方のレポートも公開されていますが、
WX04SH で、仕様外の 64GB SDXC カードを使ってみる、の巻。

WX04SH を家の外でのミュージックプレイヤーとして使う話は前に書いた。
動画も入れてみた。
ソースはロックのライブ DVD からの動画ばかりだが、ちょっとした時間つぶしには重宝する。

で、この WX04SH だが、取り扱い説明書では、「microSDXCメモリカードは利用できません」と明記されている。
32GB の SDHCカードを使っていたのだが、動画ファイルまで入れているとだんだん容量が気になってくる。
そんなわけで、64GB SDXC カードを購入し、WX04SH に差し込んでみた。

20140209ts64gusd1ep1000239

トランセンドの TS64GUSD1E-P。
アマゾンのフラストレーション・フリー・パッケージ。
5,480円で購入。

WX04SH に差し込んでみると、デバイスとしてちゃんと認識する。
促されるままにフォーマット。
FAT32 でフォーマットされた。

32GB の microSDHCカードの中身は事前に PC に保存しておいた。
フォーマット後の TS64GUSD1E-P にその中身をコピー。

WX04SH でのストレージ情報。
20140209screenmemo

こちらは、PC(VAIO F (VPCF24AJA) )のSDカードスロットへ差し込んでのプロパティ情報。
20140209ts64gusd1e_property

お約束のベンチマーク。
20140209ts64gusd1ewx04sh

次は、32GB の方のベンチマーク。
2014020932gbwx04sh

参考までに、TS64GUSD1E-P を PC(VAIO F (VPCF24AJA) ) のSDカードスロットに差し込んでのベンチマーク。
20140209ts64gusd1evaio_f

数日これで使っているが、いまのところ特におかしな動作もない。

手持ちのポータブルプレーヤー。

alneo(XA-V80-A) 。
本体 8GB で外部ストレージが使えず、動画再生対応だがいかんせんディスプレイが小さい。

X-Fi 32GB X-Fi2 16GB。
本体メモリーに保存したファイルは良いのだが、SDカードに保存したファイル(音楽、動画ともに)を再生しようとする際は毎回リビルドが必要で、これはこれで結構ストレスになる。
おまけにここ最近機嫌が悪い :-)

結局、WX04SH が、マルチメディアプレイヤーとして活躍することに。
音楽再生は、Poweramp(有料版)、
動画再生は、MX 動画プレイヤーを使っている。
少なくとも自分的には専用のマルチメディアプレイヤーと負けていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WILLCOM にやられた!

って大げさなタイトルですが・・・

「ソフトバンク/イー・モバイル通話定額」
昨年 12月にリリースされたウィルコムスマートホン限定のオプションサービスで、ソフトバンクモバイルやイー・モバイルへの通話が 24時間いつでも定額で利用できる、というもの。

「長期(10年以上)ご契約いただいているお客さまは、月額料が無料に!!」
キャンペーン絶賛展開中。

現在、主回線の他に副回線をふたつ持っている。
10年以上の契約は主回線のみだ。
主回線は「だれとでも定額」に加入しているので、「ソフトバンク/イー・モバイル通話定額」はあまりメリットがない。
副回線のふたつは音声通話用途では利用していないので「だれとでも定額」には加入していない。

「10年以上の契約」について、カスタマーセンターへ問い合わせてみた。

その時の回答は、

副回線が 10年に満たなくとも主回線が 10年以上の契約であれば、月額料無料が適用される、

というものだった。

それを確認して、副回線の WX04SH で「ソフトバンク/イー・モバイル通話定額」を申し込んだ。
WX04SH で音声通話がどのくらいの品質なのかちょっと興味があったのと、家族にソフトバンクユーザーがいたりするからだ。

結局、12月は WX04SH で通話をする機会がなかったのだが、MY WILLCOM から 12月分の確定請求金額をみてみたら、「ソフトバンク/イー・モバイル通話定額」のオプション料金がしっかりのっている。

あら、話が違う?

ということで、MY WILLCOM からメールで照会した。

それほど間をおかずに回答メールが届いた。

カスタマーセンターの回答は間違いで、あくまで「ソフトバンク/イー・モバイル通話定額」を申し込んだ回線の契約年数が基準になる、という内容だった。

WX04SH へ機種変更する際も、「スマートフォンへの機種変更で 7ヶ月目から毎月 1000円キャッシュバック」について WILLCOM本体(?)とプラザ、カスタマーセンターでキャンペーンについての見解がバラバラだった。
ちなみに、このキャンペーンについては、機種変更時のの契約書にもまったく記載がない。
4月にはイー・アクセスへ吸収合併される。
どうなることやら :-)

「ソフトバンク/イー・モバイル通話定額」については、早速解約した。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #5

PHS データ通信を切って使ってみる。

20131223wx04sh3g

3Gだけでの 12/1-23 のデータ使用量。
223MB。

現在契約している「ウィルコムプランLite」でのデータ通信コストは、

PHS でのデータ通信無制限(定額)
3G でのデータ通信、1GB/月まで定額内、1GB を超えると「請求月末まで通信速度を送受信時最大128Kbpsに低速化」される(ただし、有料で通常速度に戻すことが可能)。

というもの。

テキストベースサイト閲覧メインの自分の用途では、1GB超/月はなさそうだ。

実は、テキストベースサイト閲覧だけなら PHS でも 3G でも体感的には大して差違はない。
むしろ、PHS が圏外となってしまう地下(京王線地下化エリア)とか以外では 3G より PHS の方がレスポンスが良かったりする。

もう少し様子を見て、1GBまで余裕があれば、31日までは YOUTUBE とかも利用してみるつもりでいる。

PHS でのデータ通信を切っているので、機種変更前の Willcom ドメイン(@willcom.com)宛のメールは受信出来ない。
一応、専用の GMAILアドレスに転送するように設定しているので困ることはない。

ただし、AQUOS PHONE es (WX04SH) の場合、Willcom 関連のメールが送られてこない不思議があるので、
実際は自分が転送したメール以外 @willcom.com 宛の受信メールもないわけです :-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SBH20/W

20131203sbh20wp1000113

SONY謹製のコンパクト Bluetoothステレオヘッドセット(写真右側)。
AQUOS PHONE es<WX04SH> 用に購入。

Bluetoothステレオヘッドセットは同じ SONY の DRC-BTN40/B を前から持っていて、PC での音楽や動画視聴時に便利に使っていた。

20131203sbh20wp1000104

AQUOS PHONE es<WX04SH> をポータブルミュージックプレイヤーとして常用化し始めたころは、このDRC-BTN40/Bを使っていたのだが、室内で利用している分にはあまり気にならなかった本体ボディサイズが屋外で持ち歩いてみるととっても気になってきた。

もっとコンパクトなものを、と探してみたらこれを見つけて購入。
ブラックでも良かったのだが、何故かホワイトより値段が高い。
性能は同じなので価格でホワイトを選んだ。

付属品は、

密閉型インナーイヤーヘッドホン(1)
イヤーピース(S,M,L 3サイズ各2)
充電器(1)
microUSBケーブル(1)

付属のイヤホンは一度も使っていないので無評価。
実は、これを買う前にイヤホン一体型の製品(ATH-BT09)も買ってみたのだが、やはり好みのイヤホンに取り替えられる方が良い。

音質は、コンパクトさと価格を考えたら悪くない。

通勤の往復時、それと昼休みの使用で一日で約2時間半から3時間近く使う。
仕様的には連続音楽再生最大約 6時間とあるが、これはあくまでカタログ値。
結局毎晩充電している。

充電時間は 約2時間、とあるが、実際は30分もかからずに終わる。

バッテリーが空になる状態にしたことがないので、この辺は良く分からない。

気になるのは、満充電状態になるとランプが緑色になるのだが、このランプがいつまで経っても消えないこと。
バッテリーがフルに充電されたらランプが消えても良さそうなものだが・・・

音飛びがひどい、とのレビューも見受けられる。
確かに時々音飛びします :-)
ただ、利用しているミュージックプレイヤーアプリが、有線接続でも音飛びすることがあったので、
どちらのせいか不明。
アナログ時代に、子供が室内を駆け回る度にレコード針が浮いて音飛びしていたが、
それと比べたら可愛いものだ。

20131203sbh20wp1000109

クリップは、壊れやすい、とのレビューも目にしたこともありまだ使っていない。

ちょっと困ること、というか不便に感じるのが、ボリュームスイッチを上げ下げした時の音量の増減の幅が大きいこと。
もう少し小刻みなステップで音量調整が出来れば文句ないのだが。

購入日: 2013.11.29
購入先: Amazone
購入価格: 3,855円
いまはこの価格から 400円ほど下がっています :-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #4

ミュージックプレイヤーとして使う。


毎晩充電しないとならないなら、1日持たせれば良い、と開き直ることにした。

リチウムイオン電池は充電を繰り返すうちに劣化し、寿命が短くなるという。
毎日充電すると年間で 365 回。
気にならないでもないが、どうせ丸々 2日は持ちそうにもないのでどうにもならない。

主回線 HONEYBEE BOX でさえ「誰とでも定額」を使い切れていないので、
購入時に頭金回避のためにオプションで加入した本機種の「誰とでも定額オプション」は月が変わったところで解約した。
元々本機種を通話用途に使うことは考えていなかった。
他にも不要なオプション「留守番電話サービス」、「スマートフォン基本セット(W)」も解約した。

あまり期待していなかったカメラは(購入時のままでは)やはりおまけ程度の品質。
となると、この機種の主な用途は Webだけになる。
これだけではもったいないのでミュージックプレイヤーとして積極的活用をすることに。

microSDカードは購入直後に 2GB のものから 16GBに、更に 32GBのものに変えた。
もちろん 32GBフルにユーザーが利用できる訳ではないが、
8GB、外部ストレージの使えない alneo XA-V80 に比べて、約 4倍の音楽データを保存できる。


PC と USB接続すると、初期設定では MTPモードになる。
愛用の DYNA(だいなファイラー)ではファイル操作出来ないので、MSCモードに変更。

接続したあと、microSDカードのどこへ音楽ファイルをコピーすれば良いのか分からなかった。

とりあえず、microSDカードのルート直下に Musicフォルダを作成し、そこにアーティスト/アルバム とフォルダを作成して DYNA でコピー。

いざ試聴。

Musicフォルダに置いたファイルはちゃんと認識された。

イヤホンで聞く音はなかなか悪くない。
低音もちゃんと出ている。
シャリシャリ感はない。

これまで、どこへ行くにも alneo XA-V80 を持ち歩いていたが、機能、操作性は落ちるものの十分代用にはなる。

心配なのはイヤホンジャックののトラブル。
alneo XA-V80W が修理で戻ってきてまもなくのタイミングで、それまで常用していた XA-V80B がイヤホンの接触不良発生。
ポータブルオーディオプレーヤーなのでイヤホンはほとんど挿しっぱなし、頻繁に抜き差しすることはなかったが、何年も使っているとこういうことが起きるようだ。
XA-V80B も修理に出した。

で、AQUOS PHONE es (WX04SH)、
これも初めはイヤホンジャックにイヤホンを挿して聴いていたが、いつか接触不良発生を起こしそうだし、
だいたい、本体の上部にイヤホンジャックが付いているのが気に入らない。
音楽を聴きながら他の操作をする際にイヤホンコードが鬱陶しい。

いまは Bluetooth 経由で聴いている。
バッテリーの持ちは悪くなるだろうが、どうせ毎日充電するなら・・・

alneo XA-V80 は万が一の予備用としてバッグに入れている。
これでシャツや上着のポケットに入れて持ち歩いていたグッズがひとつ減った。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #3

USIMカードの無かった日々・・・

出先で、何気に 3Gの電話番号を確認しようとプロフィールを見てみたら、電話番号が「未登録」となっていた。

あら?

という感じ。

そういえばこのところ何かおかしかった。

microSDカードを 16GBから 32GBに差し替えたはずなのにストレージの容量を見ると 16GBのまま。
3Gのアンテナピクトもいつの間にかグレーになっていたり、
SoftBank Wi-Fiスポットのある場所でも Wi-Fiが使えなかったり。

端末の故障か、USIMカードが壊れたのか、
帰宅してからカードスロットを確認してみた。

原因はすぐに判明。

USIMカードスロットに 32GBの microSDカードを突っ込んでいたのだ。

なんという間抜けな話。

カードスロットは上下に 2つ並んでいて、
上が microSDカード、
下が USIMカードを差し込むようになっているのだが、
microSDカードスロットには 16GBのものがそのまま、そして下段のスロットには 32GBの microSDカードが刺さっていた(実際は、入りきらず飛び出ていた)。

まあ、何もかも自分でやったわけですが :-)

USIMカードをやっとこさ探し出し、本来のスロットへ挿入。
microSDカードは 16GBのものを外し 32GBのものへきちんと交換。

これで無事に解決したわけだが、USIMカードなしでも PHSでデータ通信が出来るし、自宅の Wi-Fiは使えるので実際にカードスロットカバーを開けてみるまで気がつかなかった。

トリプルモード恐るべし :-)

SDカードや USIMカードの抜挿には購入時付属品の専用ツールを使う。
オプション品としての販売はされているのだろうか?
自分が調べた限りでは情報は見つからなかった。

SDカード・USIMカード抜挿ツールは決してなくしてはならない、
と肝に銘じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #2

バッテリー


どうもバッテリーの持ちがよろしくない。

平日、会社へ向かって家を出てから帰宅するまでの間、実使用時間約 3時間ほど。
夜帰宅する頃には 60%から 50%くらいになっている。

GPS、Bluetooth は切っているし、WiFi は昼休みに WiFiスポットのあるお店にいる時だけオン。約 1時間弱。
お店を出る前に WiFiは切る。

通勤電車の中では主にテキストベースのサイト(某掲示板がメイン)を中心に Web徘徊、メールチェックくらい。
ゲームはやらないし、動画サイトもいまのところ利用していない。
通話もしない。

帰宅後は WiFi オンにしてアプリのダウンロードをしたり、アプリをいじったり。

結局、毎日寝る前に充電している。

この機種はバッテリー交換が自分で出来ず、修理扱いになる。

で、何も操作せず、待ち受け状態のままでバッテリーがどんな感じで減っていくのか試してみた。
(追記:エコ技モードではなく標準モードです)

満充電の状態で、朝 8時前に家を出る。
昼間に一度クイック起動でバッテリーの状態を確認しただけで、上着の胸ポケットに入れたままで帰宅。

20時頃に確認してみると、 88% になっていた。
その後 22時に確認したら 86%。

おおよそ 1時間で 1% ずつ減っていることになる。

カタログスペック的には 連続待受時間 約 400時間(PHS・3Gモード)、
とあるが、その半分さえ持ちそうもない。

待ち受け状態でこんな感じなので、いろいろいじっていれば半日で 60%から 50% くらいまで落ちるのは当然か。

バッテリーの持ち具合は環境依存の部分が大きいだろうから、他のユーザーさんたちはどうなのか分からないが、自分の場合は毎晩充電しないといけないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AQUOS PHONE es (WX04SH) useless report #1

データ通信速度

PHS

Screenmemo_wx04sh20131021230048


3G

Screenmemo_wx04sh20131022215341


WiFi
親機は WZR-HP-AG300H、IEEE 802.11n
他の家族の iPhone 3台、プリンタ、DIGA などもろもろが同時に繋がっている

Screenmemo_wx04sh20131021231227


定額で 1GB/月の制限のある 3G(1GBを超えると送受信時最大 128Kbpsに低速化される) に対して、無制限の PHSデータ通信はやはり捨てがたい(ウィルコムプランLite)。

家では WiFi が基本だし、平日も昼食を取る行きつけのお店(フレッシュネスバーガーです :-) )では ソフトバンク Wi-Fiスポットが使える。

PHS のデータ通信は、HONEY BEE5 などと比較しても体感的にあまり変わらないなあという感じだったが、
実際にアプリを使って計測してみると、やはりご覧の通り。

まあ、こんなものでしょうか。

ちなみに計測は一度しか行っていない。
計測場所は同じ、家のリビングの片隅、自分の PCデスク。
3G だけ時間帯が違うのは、一度目に計測し忘れて翌日に計測したためです :-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AQUOS PHONE es (WX04SH) 購入

20131010wx04shp1100064

アクエスこと AQUOS PHONE es (WX04SH) 購入。

無料副回線 2台目で契約している HONEY BEE 4(WX350K) が実質休眠状態になっていたので、この HONEY BEE 4 から機種変更した。

自分的にはスマートフォンデビューです。

WILLCOM から前後して発売された京セラ製 DIGNO DUAL 2 とは端末価格やら色々とスペック上の違いがあるのだが、一番の相違点は PHS でのデータ通信に対応している点(PHS でのテザリング機能も相違点としてあるのだが、使用機会はなさそうなのでスルーします)。

WiFi、3G、PHS とトリプル通信方式が使える。

京王線地下化に伴って、国領駅から調布駅の間は PHS が圏外となり、そこそこストレスを感じていたのだが、PHS が圏外の時は自動的に 3G に切り替わる。
今回の機種変した目的はこれが一番大きい。

ただ、機種変更前の端末のメールアドレスが自動送受信出来ない仕様なので、通話・メールをメインで使用している主回線での機種変更は先送り。
(一応手動設定で *.pdx.ne.jp、willcom.com の送受信は出来る)

機種代金はあえて一括払いにした。

サポートコインサービスが 2013年6月19日で終了して、これまで貯まったポイントは機種変更時にしか利用できなくなり、利用しなければ 2015年6月末でポイントそのものが消滅する。

機種変更時の利用も、実質 0円端末(分割支払で毎月の端末割賦支払代金 = W-VALUE SELECT 割引額)の場合には適用されない。

ただし、実質 0円端末への機種変更でも一括支払の場合は 5,250円(5,000ポイント)を上限に端末代金に充当することが出来る。

どうもこの点が販売店に周知徹底されていないようで、家電量販店ではなくウィルコムプラザの店員にさえ認識されていないようだ。
今回購入したくウィルコムプラザでも事前に電話で確認したら、割賦支払、一括支払に関わらず実質 0円端末にはポイントは使えない、と説明を受けた。

WILLCOM へ問い合わせフォームメールで照会してみたら、一括支払の場合は利用可能との返信メールを頂いた。

この点を再度ウィルコムプラザに伝え、信用できないようであれば直接 WILLCOMへ確認してください、と話した。
で、結局、一括支払で 5,000ポイントを消化(有効活用)することが出来た。

ウィルコムプラザ店員さんの認識不足のためにポイント利用機会を逃し、そのまま 2015年6月末を迎える利用者さんもいそうでちと心配。
機種変更を考えているユーザーさんは是非確認してみてください。

初のスマートフォン。
ユーザーさんには恐縮ですが、iPhone ははなから眼中になかった。
Android は初めて使うが、当然ながら Windows PC とは使い勝手が違う。
そこそこ使いこなせるようになるまでしばらく楽しめそうだ :-)

20131010wx04shp1100062
おまけプレゼントのタッチペンとポーチ。
最初、本体と同じターコイズグリーンを希望したのだが、プラザ店員さんがいろいろ手続きしている間に気が変わり、ブラックに変えてもらった。
ポーチはケースなしでも出し入れが結構きつい。

20131010wx04shp1100073
左から、
主回線の HONEY BEE BOX
2台目副回線で今回機種変更したAQUOS PHONE es
3台目副回線で Webメインで使ってきた HONEY BEE5

20131010wx04shp1100061
周辺アクセサリー類は SoftBankの AQUOS PHONE ss<205SH> のものが使えるようで、
保護シートとハードコーティング仕様透明シェルジャケットも本体と一緒にプラザで購入。
が、 iPhone 使いの他の家族全員にこのジャケットを見せたら、「それすべるからシリコンタイプに変えるべき」と意見され、廃棄処分に。
後日、家電量販店を覗いてみたが、シリコンタイプでこの機種に合う透明ジャケットがなかったので、
ラバーコーティングの透明シェルジャケットを購入。

| | Comments (0) | TrackBack (0)